◆キャリアアップの流れ(研修内容)


フォレストワーカー(林業作業者)

<1年目>

新しく林業を始める方対象で、OJT研修などで基本姿勢や基礎力を習得し、一人前の現場技術者になるための能力を身につけます。

林業作業の基本【研修中に取得する安全講習会等】

・刈払機取扱作業者

・伐木等の業務(チェーンソーの取り扱い、伐木作業)

・積載・運搬の補助


フォレストワーカー(林業作業者)

<2年目~>

1年目の内容確認・応用【研修中に取得する安全講習等】

・不整地での運搬車運転技能講習

・荷役運搬機械によるはい作業従事者

・機械集材重機の運転業務等


フォレストワーカー(林業作業者)

<3年目~>

基礎力の向上・大型重機を使用した林業作業【研修中に取得予定の安全講習等】

・大型特殊重機の運転技術

・伐木等重機の運転作業技術


フォレストリーダー(現場管理責任者)

<5年以上~>

作業班長候補者などの経験を積み職務力がついてきた方対象。判断力、指導力向上・現場作業管理などを学び、現場での管理・責任を担える能力を身につけてもらいます。

【研修中に取得する安全講習等】

・造林作業の作業指揮者

・はい作業主任者

・地山掘削及び土止め支保作業主任者


フォレストマネージャー(現場統括責任者)

<経験10年以上>

複数の統括など現場全体の管理責任を身につけたい方対象。コミュニケーション能力向上、林業の社会的締使命、企画、販売などを学び、林業現場の統括管理責任を担える応力を身につけてもらいます。

【研修中に取得する安全講習等】

・安全衛生推進者養成講習