ポンセ製ハーべスタ・ヘッド導入<H7・H6>

昨年は代替えでコマツ製PC228に日本で初となるH7ハーベスター導入し、今回はキャタピラー製315FLをベースにH6ハーベスターを導入しました。車高の高い仕様になっており、ノーマルでは超えられない高い伐根を想定し、このベースにしました。

オペレーターの感想では油圧ホースが上手に格納されており、破損の心配が少ないことや側尺が狂いづらく安定した造材作業ができ概ね満足とのことです。 これから少なからずトラブルは発生すると思いますが、アフターサポートをしてくれる方が側におり、安心して業務に当たることができそうです。